予想家プロフィール
藤田十志夫の人生逆転馬券

例えばアストリートの世界でも芸術の世界でも「演じる者と評する者」とに立場が分かれる。前者は侍ジャパンのメンバーだったりフィギュアスケートの選手だったりで、後者は試合の結果を報道したり評論するマスコミなどだ。要するに主体と客体とが共存している。

競馬の世界でも同じことが行われているが、私が嫌いなのは、第一に物知り顔に能書きを垂れる実力を伴わない評論家たちだ。グリーンチャンネルの予想談義など単なる暇つぶしでしかない。また、競馬マスコミもだらしがない。

政治家への厳しい記事は歯に衣を着せないで批判精神を持つ「日刊ゲンダイ」を私は嫌いではないが、こと競馬サークルの人々へのそれは消え失せている。取材を通じて馬券ネタを仕入れるためには批判することなく、その懐にやんわりと入っておかねばならないからだろう。 紙面にはジャーナリズムの精神は存在しないに等しい。

そこへ行くと一匹狼は自由な発言と行動が可能だ。商業紙記者にない批判精神を独立系のジャーナリストは持っている。競馬の予想家も同じだ。競馬ファンも確かに自由な発言はできるが、多くは勝ち負けに対する感情的なモノに終始しているし、レース後にあれこれ愚痴を言っても始まらない。

ただし、負ければ「憂さ晴らし」は精神衛生面からも必要だ。負けて酒を飲み、ああでもない、こうでもないと言いつつ「批評」を言うことは必ずしも悪くない。ただし、それでも負けた金は戻らないので、馬券を買う前に検討を深めヤケ酒を飲まないようにするのがベターな楽しみ方だ。

率直に言って、多くの競馬ファンの馬券収支は「赤字」のはずだ。胴元であるJRAから25%を控除されているのだから、レースをやるたびに目減りする。それに競馬はそもそも難しい。他のスポーツでも紙一重の勝負は展開されるが、競馬は「予想するファクター」が多すぎる上に「不可測的な事象」も頻繁に発生する。それで泣かされる人は多い。

だが、目先の出来事に踊らされてはいけない。競馬には不安定事象がつきものだとすれば、馬券の買い方を工夫するしかない。そのためには「レース分析」が肝心だ。頭数、距離、枠順、馬場適性、根本的能力比較などを調べ上げなければ適切な馬券は組み立てられない。その過程で1頭の馬と心中するのではなく複数の馬に網を張った買い方をすることも一つの作戦だ。臨機応変に対応すること。

私はプロの馬券師である。馬券で食っている一匹狼の私と同等の競馬理論、馬券戦略を持ち合わせている人は過去に数人しか出会ったことがない。まして、馬券で大きな財を成した人はほとんど知らない。だが、私の情報に接すればいっぺんに大きな富を蓄財できないとしても「これまでの負けを取り戻す」ことは可能だ。つまり「人生逆転」である。馬券でやられたなら馬券で取り返そう。その手助けを私に依存してほしい。

(2018年11月入居)

◆馬券戦略◆
1日2レースを厳選/レースに応じて馬券を選ぶ。

◆有料情報◆
1日あたり5000ptでご利用いただけます。当日11時00分までに「特設ステージ」の中にアップして、メルマガで連絡します。「特設ステージ」への移動は無料です。メルマガを登録されていない方でも購入していただけます。

◆特設ステージ◆
TOPページからログインすれば「特設ステージ」の項目が表示されます。ログインする前は表示されません。

◆無料メルマガ◆
登録や解除は何度でも自由自在(無料)です。

[バックナンバー]

2018/12/14 16:30
2018/12/10 17:00
2018/12/09 08:30
2018/12/08 18:45
2018/12/08 08:45
2018/12/06 12:30
2018/12/02 17:00
2018/12/02 08:30
2018/12/01 16:30
2018/12/01 08:30
2018/11/29 16:30
2018/11/26 19:45
2018/11/25 08:30
2018/11/24 16:15
2018/11/24 08:30
2018/11/23 18:45
2018/11/20 15:30
2018/11/18 16:45
2018/11/18 08:30
2018/11/17 16:30
2018/11/17 08:30
2018/11/16 10:16
2018/11/15 10:30
2018/11/14 09:30
2018/11/13 13:45

» 予想家一覧に戻る