予想家プロフィール
伊達龍二の平場千貫

今から10年前、事業の失敗とギャンブルで膨らんだ親の借金を返済すべく、私は食費をきりつめ、あらゆる出費をおさえ、我慢の毎日を過ごしていた。親の借金は3000万円と大きく、利子を払うだけで精一杯だった。

ボーナスは寸志程で、このままサラリーマンの給料だけでは自分の将来はなく、しかし自己破産はしたくなかった。その借金は、昨年完済することができた。

借金地獄から抜け出せたのは逆転の発想で、コツコツ返していってこれから何十年も苦しい思いをするなら、親がギャンブルで作った借金を、私がギャンブルで返してやろうと考えたのである。

もともと私は競馬に精通していた。だが今までのように宝くじを買うように馬券を買っていては火に油だ。どうしたら安定して勝つことができるのかを毎日真剣に考えた。

その答えこそ「平場オンリー」である。理由は大きくわけて2つある。

1つは情報の量である。大きなレースになればなる程、情報は溢れている。それが仇になることが多いのも事実。

そして、成功の鍵となった2つめは馬のレベルに差が出やすい頻度である。重賞では、基本的には未勝利戦から徐々に勝ち上がってレベルを上げてきた馬が集まるが、極端に弱い馬や極端に強い馬が同じレースに出走する事はない。ここでは通用しないだろうという馬はどの重賞でも見かけるが、それでも平場戦と比較するとその差はかなり大きい。

平場戦においても、未知数の馬が出走してくる事は頻繁にあるが、そういった馬は相手で抑えておけばいいだけの話で、重要なのは、高確率で馬券圏内に入らない馬や絶対3着までは固い、といった馬が出てくる割合が平場戦の方が圧倒的に多いことである。力の差が分かるレースが多いのが平場戦なのだ。

こうして私は平場オンリーで借金を完済できた。人間は究極のピンチになると強い。

競馬マンションの会員様の中には裕福な人もいらっしゃるかと思うが、私が予想家として参画を決めた最大の理由は、生活が苦しい人達を私のように苦境から抜け出す手助けをさせていただきたいと考えたからである。

平場戦とは、特別戦や重賞以外のレースで、一般的には1レースから8レースである。論より証拠でこれから安定した勝利をお届けしていく。

(2017年11月入居)

◆馬券戦略◆
平場戦から1日2鞍を厳選/馬券種は縛りを設けず、勝つことに徹した馬券を提供する。

◆有料情報◆
1日あたり2000ptでご利用いただけます。当日09時00分までに「特設ステージ」の中にアップして、メルマガで連絡します。「特設ステージ」への移動は無料です。メルマガを登録されていない方でも購入していただけます。

◆特設ステージ◆
TOPページからログインすれば「特設ステージ」の項目が表示されます。ログインする前は表示されません。

◆無料メルマガ◆
登録や解除は何度でも自由自在(無料)です。

[バックナンバー]

2018/01/17 15:26
2018/01/14 09:00
2018/01/13 08:30
2018/01/12 13:09
2018/01/10 16:45
2018/01/08 08:45
2018/01/07 08:30
2018/01/06 08:45
2018/01/04 16:00
2018/01/02 11:11
2017/12/30 16:45
2017/12/28 08:30
2017/12/26 16:16
2017/12/24 08:45
2017/12/23 16:30
2017/12/23 08:30
2017/12/21 16:22
2017/12/17 18:14
2017/12/17 08:30
2017/12/16 16:45
2017/12/16 08:30
2017/12/15 11:02
2017/12/13 11:30

» 予想家一覧に戻る